元気日記

お知らせ

2022年4月30日

【 socio teracce あいち】ユニット結成しました_ 2022.4.29ver.

■ご縁

 

大府市在住の大学恩師から
「会ってみたら気が合うんじゃないかな?」と
声を掛けていただいたのが
10余年前。

 

当時は、
自分も「佳きPLAYER」でありたいと
邁進していた頃。

 

尾張旭市内での活動に
忙しくしていたし、
今の様にSNSツールも発達していなかった。
ホームぺージを眺めるに留まっていた。
___

 

昨年マニフェスト大賞の
エリア選抜を通過したことで
冊子が届き、
実行委員さんの言葉が掲載されていた
そのお写真が

 

この「機」を逃してはいけない!と
SNSからメッセージ。
ようやく会えるに至りました。

 

恩師・戸苅せんせいの一言があったからこそ
ご縁に恵まれました。
ありがとうございます!
___

 

■私の原点

26歳で初当選から4期16年。
私に付いていた「タグ」も
と変遷したけれど

 

立候補の原点は
だったこと。

 

それに取り組むために
4期目には
として
をつくり
として
を監修・発行してきた。
___
でありたいと共に
ことがまた、
としての「議会」に
多様で優秀な人材を育むことにつながり
市民への恩恵に還元される
もう一つの回路だと考えていた。
___

 

■共通言語&共通体験&共感

 

異物として議会に参画し
マイノリティであるがゆえに
認知できた数々の課題と
燃える意欲。

 

それゆえに
しくじり先生体験をしてきた
初期の体験。

 

選挙への
独自のこだわりとアイデア。

 

期を重ね、中間世代となる。

 

次第に、
市議会の枠を超えて
各地へ学びに出かけ
学び仲間がたくさんいらっしゃる
シスターフッドに溢れる
登久子さん。
をきっかけに
超党派全国各地の
地方議員とつながる中で
排除されない仲間の在り方
シスターフッドの大切さを学ぶ私。

 

そして、すべては
である私たちの共通点
につながった。
___

 

そのためのアクションとして
日々妄想を企画書にしたためていたモノを
この日、お伝えしてみた。

対話の応酬で一気にアップデート。
登久子さんの
この日のレポート
https://www.facebook.com/tokuko.takaba/posts/4959597214126021
___

 

◆Vision
社会のオーダーは多様化している。

 

それらのオーダーに応えるために
議会PLAYERの多様化が
多様な市民ニーズに応える道となり
多様な在り方「違い」によって
差別や排除につながらない価値を育む
___

 

◆Mission
議員が多様化した時に
「議会」がそれを受け留められるかどうか。

 

選挙区の内側だけの課題解決による還元
という回路に留まらず

 

それらを通して
自らはPLAYERとしての限界があっても
よりよいPLAYERが生まれること
そのことが選挙区への恩返し
還元につながる。

 

お預かりしている任期の間だけではなく
その先につながる「今できること」に
取り組む。
___

 

◆Action
①ロールモデルを見つけるきっかけに

 

②政党や候補者選びのその前に
 体系的に仕組みを知る

 

③「何がやりたいの?」を起点に
組み立てる選挙思考。
ブランディングとマーケティング。
___

 

◆Value
愛知という地域を核に
つながりを育んでいく
___

 

【 socio teracce あいち】

 

◆名前に込めた想い
socio_社会
teracce_窓、縁側

 

社会とあなたをつなぐ窓枠を
拡げていくことで
より広い世界を見渡そう。

 

社会を照らす(テラス)
信頼される政治へ。

 

縁側で
ほっこりゆったり
肩ひじ張らずに
政治を耕そう。
___

 

◆描く風景
(娘に話したら描いてくれました)

 

私たちは
どこまでも飛んでいける。

 

登久子ブルーの青空に
もえひまわりの花が揺らぐ
景色の中に、
一筋の飛行機雲。
___

 

【追記】
ユニットとおしゃべりしたい、
オンライン女子会したい方
(議員または立候補に関心のある女性)、
ご連絡ください。
よろしくお願い致します。